昭和の時代、メンタル的な問題に対しては非常に理解がなく、『気合がたらん!』とか、『甘えてる!』、『怠けている!』と言われてしまう時代でした。

メンタルヘルス

皆さん、こんにちは。

心身の改善と健康を考える情報ブログの管理人、高橋です。

冒頭に書いた内容、ある意味時代的に仕方がないとも言えます。

戦時中、生きるか死ぬかの瀬戸際を生き延び、その後に高度経済成長期を支えてきた方々の時代は問答無用に耐え忍ぶ時代でした。

しかし、今は逆にその時代を生き延びた方々でもうつ病などに悩まされる時代でもあります。

メンタルの問題は非常にデリケート

このようなメンタルの問題は非常にデリケートな問題です。

一律に『こうだ!』と言えるものではなく、人それぞれ置かれている立場、環境などが違うこともあって罹患者の数だけ異なるとも言えるのではないでしょうか。

処方されている薬剤は同じでも、人によって微妙に違っているはずです。

ある一定期間、薬を飲み続けることで治ってしまう人。

長年薬を飲み続けている人。

カウンセリングを受ければなんとかなる人。

そうです。

この投稿一つで簡単には語れない話です。

この先、このブログで『メンタル』に関する話題を知り得る範囲で投稿していこうと思います。

ただし、私は医師ではありませんので治すことはできませんから、今後投稿するブログ記事がちょっとしたきっかけや参考事例などとして軽く読んでいただければと思います。

Ads

この記事をシェアする

  • Facebookにシェア
  • はてなブックマークにシェア
  • LINEにシェア

関連記事

ページのトップへ戻る