腕立て伏せ、スクワット、腹筋、背筋...

あなたは筋トレをどのようなペースで行っていますか?

休息

皆さん、こんにちは。

心身の改善と健康を考える情報ブログの管理人、高橋です。

さて、今日は冒頭にも書いた通り『筋トレ』の話です。

筋トレを行っている皆さん、ちゃんと筋肉を休ませていますか?

筋トレを行ったら休息も必要

腕立て伏せ、スクワット、腹筋、背筋...と、筋トレを行うということは筋線維を傷つけていることになります。

これは普通のことなのですが、この傷ついた筋線維はちゃんと修復してあげなければいけません。

これが『休息』になります。

この休息時に筋肉は修復され、プラスαされた状態で作り上げられていきます。

さらに言えば、この際に必要なものは『栄養』です。

つまり、『筋トレ』、『休息』、『栄養』はセットで考えた方が良いです。

また、筋肉は部位によっても回復する時間が異なります。

例えば、腹筋、前腕、下腿は24時間で回復しますが、上腕、肩、大胸筋、僧帽筋、大殿筋などは48時間かかり、大腿、広背筋に至っては72時間かかると言われています。

さらに、これは年齢や負荷の度合いによっても変わってきます。

これを無視して毎日のように筋トレに勤しむとどうなるか?

筋肉が修復される前に筋肉を傷つけていますので筋肉が減ることになります。

筋肉が大きくならないケースの一つとしてはこれがあります。

俗に言う『オーバーワーク』です。

せっかく真面目にトレーニングしているのにこれでは意味がありません。

そうならないためにも勇気をもって『休息』をしっかりとることが必要です。

Ads

この記事をシェアする

  • Facebookにシェア
  • はてなブックマークにシェア
  • LINEにシェア

関連記事

ページのトップへ戻る