一昨日は『夏の土用入り』、今日は『土用の丑の日』です。

今日じゃなくてもいいですから『夏バテ防止』と思って『鰻(うなぎ)』を食べてください。

鰻(うなぎ)

皆さん、こんにちは。

心身の改善と健康を考える情報ブログの管理人、高橋です。

最近、若年層においては『鰻(うなぎ)』をあまり食べなくなったという統計が出ていますが、これは非常に残念なことです。

おそらく『鰻(うなぎ)』より『肉』なのかもしれませんが、たまには『鰻(うなぎ)』を食べてください。

夏バテ防止に最適な鰻を食べてください

夏の暑い時季には『鰻(うなぎ)』はもってこいの食材です。

・ビタミンA、ビタミンB1・B2、ビタミンD、ビタミンEが豊富

・ミネラル、カルシウムが豊富

・DHA、EPAが豊富

・鰻(うなぎ)の表面には胃腸の粘膜を保護する成分(ムチン)がある

鰻(うなぎ)は丸ごと栄養満点のスタミナ食として有名です。

・疲労回復に良し

・抵抗力アップに良し

こんな素晴らしいものを食さない手はないでしょう。

個人的には『鰻(うなぎ)の蒲焼き』だけでなく、できることならば『鰻の肝焼き』と『しじみ汁』といったものを加えたりするのも良いですね。

(肝吸いよりは肝焼き派です。)

昔と違って昨今、鰻(うなぎ)は随分と価格が高くなってしまってはいますが、この夏を乗り切るために是非食べていただきたいものです。

Ads

この記事をシェアする

  • Facebookにシェア
  • はてなブックマークにシェア
  • LINEにシェア

関連記事

ページのトップへ戻る